導入企業プロフィール

クラリオン株式会社

  • ホームページ
    https://www.clarion.com/jp/ja/top.html
  • 事業内容
    セーフティアンドインフォメーションシステム、
    自動車向けクラウド情報ネットワークサービス、
    業務車両向け運行管理システム、
    カーナビゲーション、カーオーディオ
  • 本社・技術センター
    埼玉県さいたま市中央区新都心7-2

導入事例 要約

Excelで実施していた社員のスキル管理を、スキル管理システム(SATT Smart Style)を使用することにより、全社員のスキル管理の実施徹底や、データ集約を実現しました。

この事例のポイント

  • スキルレベルを全社員がWeb上で入力可能になった
  • 単年度でなく複数年度での全社員のスキルレベルの把握が可能になった
  • スキル情報を社員が共有化できるようになった
  • 自己啓発について上長と部下で体系的に相談できるようになった

課題

社員のスキルをシステムで一元管理したい
  • 各部門ごとで実施・運用のスキル管理を、全社で統一して実施・管理したい
  • 集計したデータをプロジェクトや人事での人材配置で活用したい
  • 部門ごとや分野ごとといった複数条件でのスキル状況を確認したい
  • 各社員や部門のスキルレベルの各年度ごとの遷移を把握したい
  • 個々のスキルが属人化しており、社内共有できていない

作業の軽減
  • Excelだと、ファイルの配布や受取が大変
  • Excelだと、集めたデータを集計する手間がかかる
  • 上長の確認時にExcelを1名、1ファイルづつ表示するのがたいへん

導入ソリューション

スキル管理をWebシステムを使用して全社で統一して実施

  • スキル診断画面で、社員は各スキルについて自分のスキルレベルを選択します。
  • 3年分のスキルレベルが表示されるので、前年度、前々年度のスキルレベルを確認して、自分のスキルレベルがどれだけ上がっているのかを確認することができます。
  • スキル項目は、事務局が管理者画面を使用して、各年度ごとに自由に設定することができます。
  • 分野ごとに表示するスキル項目を設定できるので、技術部門で表示するスキル項目と管理業務部門で表示するスキル項目をそれぞれ設定することが可能です。

自己啓発スケジュールの管理

  • 自己啓発画面では、強化すべきスキルについて、教育形態や今後の学習方針など、社員と上長で相談して決定します。
  • 設定したスキルレベルに到達したかどうの結果についても、画面上で入力することが可能です。
  • 計画と要求を分けて管理しているので、将来的に取得すべきスキルレベル(計画)と、今年度中にどこまで実施するかという設定値(要求)の2つの目標値を管理できます。

スキル情報の共有

  • ExcelやPowerpoint、PDFなどのデータを、スキル項目ごとにアップすることができ、アップされたデータを社員が閲覧できます。
  • インターネットやイントラのURLをスキル項目ごとに設定して、情報を共有することもできます。
  • 「いいね」ボタンで、アップされた内容が評価されることにより、個人が保有していたスキル情報が積極的に共有化されます。
  • スキルレベルの高い人が、学習者に対してデータや情報を提供します。
  • 自己啓発の学習形態の一つとして、使用することが可能です。

導入事例インタビュー

クラリオン株式会社 小田 文雄 さまに、お話を伺いました。

―スキル管理システムを導入して一番良かったと思える点を教えてください。

会社としては、部門やグループに求める役割が明確になりました。
その部署の強みと弱みを把握できるようになったので、中長期的な「教育計画」や、大きなところでは「組織編成」に役立てようと考えています。
会社の風通しがとよくなったことによる、部門間の連携アップも期待されています。

 

―他に導入して良かった点はありますか??

自分としては、役割やキャリアについて、部下や仲間と話しやすくなったと感じています。
役割に求められる「スキル」を共有することによって、強いところは展開し、弱いところは情報を得るように動くことができるようになりました。


事例で使用したサービス

下記のサービスを導入しました。

SATT Smart Style スキル管理システム

スキル管理システムとは、社員のスキルや知識情報を一元管理できるシステムです。
社員のスキルが可視化されることにより、戦略的な人材配置や優位性の構築など、経営戦略に活用できます。